こだわりの売主様(中古住宅売却)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は夕立があったり、季節外れの台風があったりと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気もよくわかりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

然し天気予報の精度は年々向上しているみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はなるべく金額を下げずに売却できたケースのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常、不動産の売却査定のお問い合わせがあり、

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の売却方法のご説明をして売却をスタートします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売却の進め方としましては最初の2週間のネット広告の閲覧数や反響の度合いをみて

 

 

 

 

 

 

 

 

市場への出し方(室内写真安どの変更含め)を考えたり、価格を下げるタイミングを計ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前提としてより早いタイミングでの成約を目指しているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この内容は査定の時に売主様にもご説明しており、納得いただいた方の売却を受けるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の二組の方は弊社からアドバイスはしましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売却金額にこだわりがあり、価格変更はしなかった方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に弊社はアドバイスをしますが最終の金額変更などの判断はもちろん売主様に委ねます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初の方は売却後、10ケ月で成約に至りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1か月ほどで買い手が決まりかけたのですが契約前キャンセルでケチがついたのか

 

 

 

 

 

 

予想に反し長引いてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、価格を30万円下げて売りに出しましたが全くと言っていいほどお問い合わせはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでこのタイミングで金額を下げましょう!とお話ししましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこからは金額を下げずにしばらく売却を進めたい・・ということでそのまま進めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終、10か月目に現金購入の方が出てきて成約になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二組目の方は売却開始後2ケ月全くお問い合わせがありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し金額を考えませんか?と尋ねましたがこのままでいきたい・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は別として2ヶ月全く反響がない状況なので金額を下げないと厳しいのでは・・と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売後3ケ月になり契約期間を更新するか否の打診をした際に

 

 

 

 

 

 

 

そのままの金額でお願いします。と延長を希望されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると更新後すぐに値段交渉が入っての購入希望者が現れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

780万円の物件で700万であれば購入したいとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は正直、いいお話だと思っていましたが売主様は740万円でないと売らない・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買主様に返答するとしぶしぶですがご理解いただき契約へと至りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん売主様の物件なので少しでも高く売りたいという拘りはおありだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今までの経験上や類似物件の状況からアドバイスをしていますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この2組の方は粘り勝ちといった感じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もいい勉強になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取宣言

電話お問い合わせ