まだまだ続く。

 

 

 

 

 

 

長かったような

 

 

 

 

 

早かったようなGWでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より皆さんもようやくお仕事ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス業の方などはあまり関係がなかったどころか

 

 

 

 

 

逆にお忙しかったのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の場合はGW期間中の仕事としては

 

 

 

 

 

 

さほど忙しかったという事はありませんでしたが

 

 

 

 

 

 

これからがバタバタです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月後半の買取案件がほとんど5月にずれましたので

 

 

 

 

 

 

 

これからたて続けに買取契約を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その間、仲介の契約やすでに買い取っている物件の販売の契約なども

 

 

 

 

 

 

ありますのでとにかく20日頃までは予定が詰まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはGW前にお伺いした査定の件です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の査定依頼者は行政書士の方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その物件は息子さんがお住まいだった比較的キレイな長屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子さんが急遽病気で亡くなられたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その物件の名義は随分前に亡くなられたお父様名義。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相続登記が必要な内容・・。

 

 

 

 

 

 

 

その相続をされる方はお母様なのですが痴呆症になっているそうで施設でお暮しです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家の売り買いに関する判断能力がありませんので

 

 

 

 

 

 

 

その行政書士の方が成年後見人に選任されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このケースで言いますと

 

 

 

 

 

物件に関しては相続登記でお母様の名義に

 

 

 

 

 

 

そして売却に関しては家庭裁判所に売却許可を取って

 

 

 

 

 

 

お母様の成年後見人である行政書士が売主となっての売却という流れになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

査定にお伺いした際に

 

 

 

 

 

 

色々な事情をお伺いしましたが

 

 

 

 

 

 

息子さんは宅内で亡くなられた後、発見までに2週間ほどかかったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐敗するまでには至ってなかったそうですが

 

 

 

 

近所の方は皆さんご存知です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった事情から通常の売却では敬遠されがちなので

 

 

 

 

 

 

 

弊社に買取の査定の依頼があったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内に入ると当然、家財は亡くなった時からそのままの状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何回かリフォームをされた形跡はありましたが

 

 

 

 

 

 

そのまま住めるという状態でもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所的には最寄りの駅までは徒歩圏内で

 

 

 

 

 

そんなに不便でもありませんので当然買い取り出きる物件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も査定時その場で買い取り金額をご提示しました。

 

 

 

 

 

 

 

その買取金額が最低限、お母様に残したい金額を上回っていた為

 

 

 

 

 

 

 

そのまま進める事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このケースはそれからすぐに買取契約に進めることはできませんので

 

 

 

 

 

 

査定書ならびに売買契約書の雛形(見本)を後日、行政書士の方に送り

 

 

 

 

 

その後、家庭裁判所の許可が下り次第、契約を履行するという事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この5月の買取契約の内の1件になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この間、新聞にも出ていましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ空き家は増え続けているそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年前の調査に比べ26万戸ほど増えたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ空き家問題は続きそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取宣言

電話お問い合わせ