時間を要する形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月のバタバタは依然続いておりますが

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで長屋の売却相談を今月も数多く頂戴しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら他社さんに査定を依頼しても中々返事がない・・

 

 

 

 

 

連絡しますと言ったきり前々連絡が来ない・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話を耳にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん長屋の買取金額を査定時その場で提示する会社はあまりないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社含め数えるほどではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常、長屋の買取査定の際に気をつけているところは

 

 

 

 

 

 

 

〇敷地と道路との関係(再建築が可能かどうか)

 

 

 

 

〇雨漏り箇所、改装にどれくらい必要か?

 

 

 

 

 

〇宅内で事故や火災など(心理的瑕疵も含め)がないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きく分けるとこんなところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再建築ができなくても買い取り出きる物件は数多くありますし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宅内で事故などがあってもそれだけの理由で買取ができない・・とはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の場合は今までの経験上で役所の調査に行かなくても

 

 

 

 

 

 

 

最低限の事は現場で把握できるのでその場で買取金額が提示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし他社の営業さんが査定に行って買取をご希望のお客様に金額を出すのは

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん社長さんの確認がいりますし、経験のない営業さんであれば役所の調査くらいは

 

 

 

 

 

 

 

したいはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ買取できる、できないの連絡はあってもしかるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

又、よく聞く話で

 

 

 

 

 

『買取します』というフレーズを出している不動産会社でも

 

 

 

 

 

 

実際は買取をしておらず、仲介でやりたがる会社もあるそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ気持ちはわからないでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産の買取もいい事ばかりではありません。

 

 

 

 

 

 

 

買い取ったあげく損をしてしまったという事も実際ありますから・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も大阪市内の長屋を買取させてもらった売主様曰く

 

 

 

 

 

 

 

 

電話の応対は良いのだけれど

 

 

 

 

何せ折り返しの連絡が全くない・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り扱ってくれるのか?買い取ってくれるのか?の返事すらない状態・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為、弊社に買取依頼をされたとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方の場合は買取金額などはすぐに納得して頂いたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売主様の苗字の一部が昔の文字で

 

 

 

 

 

 

今は簡素化されている漢字を使用していた為、印鑑証明書含め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法務局とのやり取りが事前に必要だったので少し時間がかかりましたが・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば先月買取させて頂いた方などは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を購入してから氏名変更をされていて、登記簿上の名前と現在の名前が違う形となっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またその売却する家を購入してから住所も随分と変わられていましたので

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな書類の取り寄せに時間を要しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登記上と現在の漢字や氏名が違えば売主・買主間ですぐに合意している取引でも

 

 

 

 

 

 

 

色んな書類が必要になって名義移転するのにも時間を要することは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多々出てきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取宣言

電話お問い合わせ