長屋売却査定の話・・その1『家賃滞納?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は最近会った長屋売却査定のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は2日に1件の割合で不動産査定にお伺いしているのですが

 

 

 

 

 

 

やはり長屋の査定が中心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中で面白い(ややこしい?)物件にも会いますので何件かご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは大阪市内の某所の長屋(というより文化住宅)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件はお孫さんが代襲相続された物件で

 

 

 

 

 

 

1階と2階にはいる玄関は別々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階に関してはそのお孫さんが現在お住まい中で

 

 

 

 

 

2階はずいぶん昔から賃貸で他の人に貸している状態。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお孫さんからの売却査定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしその2階を借りている人は実際には住んでおらず、

 

 

 

 

 

今は倉庫状態と化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代襲相続で受けられたお孫さんはその家賃がどうなっているのかを

 

 

 

 

 

 

 

把握していない状態で相続されたらしく、現在は家賃が入っていないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡がつかないために2階に上がる玄関に連絡を入れてもらおうと張り紙をされていますが

 

 

 

 

 

 

 

現在のなしのつぶてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにこの件がはっきりしないと売却は難しい旨のご説明をしましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

お孫さんも実際、この類のお話をまとめるのは骨が折れると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の賃貸契約書から記載の住所や保証人さんからあたるみたいですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次も似たようなお話ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

別の大阪市某所の長屋の方の場合は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に居住されているにもかかわらず家賃を払っていない人が住んでいるケースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは今から相続されるのですが

 

 

 

 

 

相続する前にどれくらいで売れるかの相談査定でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件は1階、2階とも賃貸で貸されている物件ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階の方は普通に家賃は払われています。問題なのは2階の方だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内覧はできないので査定前に外観を確認に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとその家賃を払っていない方をたまたま見てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70歳前後の方でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外見で人を判断するのはダメですが

 

 

 

 

 

 

家賃が滞っていることはなぜか納得してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然、家賃を滞納されているので専門の方に頼めば退去は可能だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれではお金がかかるので

 

 

 

 

 

こちらの相続人予定の方は自身で話に行かれるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

査定から少し時間が経っていて、連絡がないのでどうなっているのでしょうかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし家賃を滞納している物件をそのままの状態で売却するとなると

 

 

 

 

 

 

通常の売却に比べてかなり金額が下がると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしたら売れないかも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある意味、ややこしい物件を引き受けることになりますもんね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取宣言

電話お問い合わせ