長屋売却査定の話・・その2『放置した家』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ梅雨に入りそうな雰囲気が出てきましたね・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨になると車も混むし、いやな季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また雨が漏っている家をお持ちの方は悩ましい時期ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また梅雨明けの季節は

 

 

 

 

 

 

管理している物件の庭が広ければ広いほど草むしりが大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日無事、契約が完了しました奈良県の土地が60坪ある一戸建ての庭などは1日仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が立て込んでいるときには休日に行っていました・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう行かなくてもいいと思うとかなり気が楽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も最近の長屋売却査定のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず1軒目の長屋は昭和20年代に建築された大阪府内の物件でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所有者の方は遠方にお住まいでなかなか大阪に出てこれないとのことだったのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内覧しないと買取査定は無理なので・・・と来阪いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件は再建築ができない物件で(接道義務を果たしていない)

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁が剥がれ落ちている部分と雨漏りしている部分と双方ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の買取金額では少し安いとのことで内密に売却活動を現在行っています。

 

 

 

 

 

 

 

※売主様が表立ってしてほしくないとの事で・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再建築できないのでこの建物を修復しながら維持しないといけないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入した方はおそらくその段階で数百万円はかかるほどの程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売主様もちょっと放置しすぎたかも・・と言われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その物件の査定の数日後、

 

 

 

 

 

 

 

また再建築不可の長屋の買取査定がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物件は大阪市内にあるのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程お話しした家よりも室内程度はかなり上です(老朽度合いが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築年数はまだ30年くらいなのですが

 

 

 

 

 

 

1階の床は朽ち果てていて床が抜けそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造は鉄骨造なのでしっかりしていると思いますが

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏りはかなり進行している様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず相続登記が必要な売主様で少し心配な高齢の方の相続人の方も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いらっしゃいますので先に相続の段取りをお勧めしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買取もしくは売却先が決まっても相続できなければ売れませんので

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこれからその手配を進めるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし本当になぜか同じような状況の物件査定が続くことが多いですね・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は再建築不可の立地の老朽化がかなり進んだ物件2軒でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とかお力になれるように取り組んでいきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピード買取宣言

電話お問い合わせ