売却・虎の巻② 関西・大阪市内の不動産を売却する流れをわかりやすくご説明!

不動産の売却を行う主な流れとしては
①査定⇒②媒介契約⇒③販売活動④売買契約⇒⑤残代金決済・物件引き渡し です。

③販売活動

媒介契約が終わればあとは当社の腕の見せ所です。
主な販売活動としては様々な物件種別で変化させます。居住中の【中古住宅】【中古マンション】と空き家の【長屋】【連棟式住宅】【中古テラスハウス】【店舗】でも変わりますし、土地でも販売の方策も変化させ、最短の高価売却を目指します。

etc・・色々ありますが

関西・大阪市内の不動産売却はフォローウィンドで!当社では各々の売主様の意向やその物件種類、エリア、大小に応じて趣向を凝らした不動産売却活動を実施いたします!
※詳しくは担当者とご相談ください。

さあ買い手が決まりました!売買契約

④売買契約

購入者の資金計画により支払いが1回になる場合(契約決済)もありますが多いのが、『売買契約』と『残代金決済』の2回払いで売買代金を受け取るケースです。

ここでは『売買契約』についてご案内します。

当社が役所、法務局、現地等の調査を行い『重要事項説明書』を作成。 売買契約より前に買主様(売主様)に『重要事項説明』を宅地建物取引主任者にて行います。 その後、売買契約の流れとなります。

売買契約時の売主様必要物

売買契約と同時に手付金を受領して頂きます。(領収証はこちらでご用意いたします)

売買契約前においては買主様と価格面、引き渡し時期等の条件交渉がございますが全てフォローウィンドが売主様(買主様)の意向に応じ対応いたします。

スピード買取宣言

電話お問い合わせ